4/29映画公開!「八日目の蝉」

LINEで送る

早速ですが、今週のオススメ本をご紹介します (・`ω・)/

今週オススメするのは、「八日目の蝉」です!

今年のゴールデンウィーク初日である4/29に公開される映画の原作本です!

2005年11月21日~2006年7月24日まで読売新聞の夕刊で連載されていた作品。

《あらすじ》

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか・・・。

野々宮希和子は、不倫相手の男とその妻の間に生まれた赤ん坊を誘拐し、
逃亡生活をおくりながら自分の娘として育て始める。

「薫」と名づけられたその子供と希和子は、本当の親子であるかのように幸せ
に暮らしていた。たった3年半の間だけ・・・。

捜査から逃れようと友人や宗教団体などを渡り歩いた希和子が、ついに逮捕
されたのだ。幼い「薫」は両親の元へと戻り、本当の名前である「恵理菜」とし
暮らすことになるのだが・・・。

「不倫「誘拐」という重苦しいテーマの作品なのですが、不思議と引き付け
られてどんどん読み進めてしまえます。

「誘拐」はもちろん犯罪なのですが希和子が「薫」へ注いだ愛情は紛れもな
く本物
であり母性親子のあり方についても深く考えさせられる作品です。

成長して地上へ出たら、七日ほどで死んでしまう蝉。
その中で八日目まで生き残った蝉は・・・。

映画の公開までに、ぜひお手にとってみてください (,,-`ω´-)o

2011年本屋大賞受賞!「謎解きはディナーのあとで」

LINEで送る

皆様お久しぶりです。
ブログ再開 一回目のオススメ本は謎解きはディナーのあとで」!

今年で8回目となる、全国の書店員が選んだ一番売りたい本を決める「本屋大賞」。
その「2011年本屋大賞」に輝いたのが、本作「謎解きはディナーのあとで」です。

世界的に有名な「宝生グループ」のお嬢様・麗子その執事・影山が6つの事件を推理していくのですが、その過程がおもしろいんです o(≧▽≦o)

執事であるはずの影山は、現場で捜査したにもかかわらず謎を解明できない麗子に「お嬢様の目は節穴でございますか?」などと暴言を吐きながら事件の核心に迫っていくんです。

自分の主人にさえ容赦ない毒舌っぷりを発揮する影山と麗子の掛け合いは、どこか漫才のようでもあっておもしろいです (o^∇^o)ノ
肝心の謎解き部分も、収録されている6話全部で難度が低めに書かれているので、初めてミステリーを読む方でも犯人を推理できるようになっています。

お嬢様刑事と毒舌執事が難事件に挑戦する、ユーモアたっぷりの本格ミステリ「謎解きはディナーのあとで」。ぜひお手にとってみてください \(*^▽^*)