すべての風呂はローマに通ず。まさかの風呂漫画「テルマエ・ロマエ」!


今回オススメさせて頂く本は、シリーズ累計500万部を突破した爆笑漫画「テルマエ・ロマエ」です (o’ω’o)ノ


著者:ヤマザキマリ 価格:714円(税込) 刊行巻数:4巻(以下続刊)

<あらすじ>
紀元前128年の古代ローマ。
第14代皇帝の統治により、ローマの街はかつてない活気に溢れていた。
そしてその活気を象徴するように、この時代のローマではすべてに斬新さが求められていた。
古き良き浴場を愛する設計技師のルシウスは、その生真面目すぎる性格が時代の変化に合わず失業してしまう。
落ち込むルシウスを見かねた友人は、彼を誘って公衆浴場に訪れる。
だが、ゆっくりと風呂につかろうとしたその矢先、ルシウスは現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい・・・。

 

「すべての風呂は、ローマに通ず。」
この言葉の通り、主人公のルシウスは風呂を媒介にして古代ローマと現代日本を行ったり来たりします (。・ω・)ノ
ただし、行く時はほとんどが入浴中、出た先も日本の様々な風呂、ということで、たいていが素っ裸なルシウス。
当然驚く日本人(ルシウスいわく「平たい顔族」)には目もくれず、誰よりも風呂を愛するルシウスは古代ローマにはない
日本のお風呂に夢中になります (´ゝз・`)v

私たちにとっては当たり前の風呂文化も、古代ローマ人のルシウスにとっては画期的なものばかり。
銭湯のフルーツ牛乳に驚きシャンプーハットや家風呂といったルシウスからすれば斬新なアイデアに打ちのめされ
つつ
、古代ローマに帰還した際にはそれらを活かした風呂を作りあげていきます。

生真面目なルシウスが、平たい顔族が何気なく使っている風呂の数々に一喜一憂する姿には、思わず笑いがこぼれま
す (*≧艸≦)

 

ギャグ漫画としてはもちろん、ルシウスやその友人の普段の生活から古代ローマの文化や風習についても知ることが
できる
ほか、当たり前すぎて気付かないでいた日本の風呂の素晴らしさも驚きまくるルシウスによって再認識すること
ができます。

ただ面白いだけではなく、様々な知識も楽しく勉強できる まさに「風呂への愛」にあふれた名作で
す (o・ω´・o)v

 

また今週末の4/28(土)には、なんと「テルマエ・ロマエ」を実写化した映画が公開されます (≧ω≦*)ノ
主人公のルシウスを演じるのは、ローマ人と言われても違和感のない阿部寛です。
その他にも古代ローマ人役として、北村一輝、宍戸開、市村正親といった日本屈指の顔の濃い役者陣が集結しています。

漫画の世界を見事に再現した、映画「テルマエ・ロマエ」もオススメです Σd(ゝ∀・)

きゃりーぱみゅぱみゅ、初の公式スタイルブック!「きゃりーぼーん」!


今回ご紹介させていただくのは、ファッションリーダーとして注目を集める
きゃりーぱみゅぱみゅの公式スタイルブック「きゃりーぼーん」です (*ゝω・*)ノ


著者:きゃりーぱみゅぱみゅ 価格:1,000込) 発売日:4月21日

一度聞いたら忘れられなくなる名前個性的なファッションで、一躍有名になったモデル「きゃりーぱみゅぱみゅ」。
その独特な個性はファッションだけに留まらず、「つけまつける」や「もしもし原宿」といったCDもリリースし、アーティスト
としても活躍しています (・`ω´・*)○
そんな彼女の魅力がたっぷり詰まった初のスタイルブックが、ついに登場します (。・Д・)ゞ

強烈すぎるほどの個性を持つきゃりーの謎に迫るべく、本書では彼女を構成する様々な秘密を紹介しています。
きゃりーファッションや私服の紹介はもちろん、本書初公開となるプライベート写真まで盛りだくさん ヽ(゚ロ゚ ヽ)
さらに、きゃりー自身が語る家族や友人の話まで収録されています。

秘蔵&撮り下ろし写真満載の、彼女の素顔を垣間見ることができる貴重な本になっています。
きゃりーぱみゅぱみゅにハマっている人にも、彼女のことをよく知らないという人にも、オススメできる本です (,,・ω・,,)ノ

「本屋大賞2012」大賞受賞作!三浦しをんの最新長編「舟を編む」!!


今週ご紹介させていただく書籍は、直木賞受賞経験もある人気作家・三浦しをんの長編小説
「舟を編む」です (*ゝ(ェ)・)ノ

毎年おなじみとなった、全国書店員が選ぶ売りたい本「本屋大賞」。
本作「舟を編む」は、昨日の夜に発表された「2012年 本屋大賞」に見事選ばれた
作品です (≧∀≦*)ノ


著者:三浦しをん 価格:1,575円(税込)

<あらすじ>
武書房の営業部で働く馬締光也は、部署内では変人として持て余されていた。
しかし人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、ひょんなことから「辞書編集部」に迎えられる。
異動することになった辞書編集部は、新しい辞書「大渡海」を編むための人材を探していたのだ。

定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男。
そして出会った運命の女性。

個性的な面々と共に、馬締は辞書の世界に没頭していく。
しかし、辞書編集部には様々な問題が山積していて・・・。

果たして「大渡海」は完成するのか――――。

 

 

直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」映画化もされた「風が強く吹いている」などで知られる三浦しをん
の最新作「舟を編む」。

「辞書編集者」というなじみのない職業を題材にした珍しい作品ですが、魅力的なキャラクターたちと骨太のス
トーリーとが、本作を見事なエンターテイメント作品に仕上げています v(`・ω´・+)

 

携帯電話や電子辞書の普及で、最近では滅多に使わなくなった紙の辞書。
普段あまり気にすることのない辞書を作るのに、驚くほどの情熱を注ぎ込むキャラクターたち。
膨大な手間と時間をかけて「言葉という深くて広い海を渡るための船」=「辞書」を作る姿には、思わず感動
させられます (´ノω;`)

美しくも難しい日本語の良さを再認識させてくれるとだけでなく、キャラクター同士のコミカルな掛け合いや恋愛
要素もある
ので、難しく考えずに読むことができます。

読めば辞書が欲しくなるという、ちょっと変わった作品「舟を編む」。 オススメです (,,・`ω´・)ノ