びわ湖が舞台の青春小説が登場!「青春ぱんだバンド」本日発売!!


本日オススメさせていただくのは、びわ湖を舞台にした高校生たちの青春小説
「青春ぱんだバンド」です
(>∀<)ノ


著者:瀧上 耕  価格:1,470円(税込)

<あらすじ>
琵琶湖を臨む滋賀県長浜市は、京都に近いが北陸にも近いという微妙な田舎町。

そんな長浜市の名門校に通う高校3年生の「僕」 は、大学受験の迫った大事な夏休みにヤンキー農高生に脅されて学
園祭出演バンドを作ることになってしまう。

バンドのメンバーとして集まったのは、医学部志望とアイドル好きの同級生などの個性的な者ばかり。
そして演奏曲としてきまったのは、なぜか「さだまさし」!?

ピアノのうまい不良美少女への思いも高まる中、数々の困難を乗り越えて「僕」は舞台に立てるのか。
高校3年生5人のバンドを巡る、熱く切ないひと夏の物語。

 

 

というわけで、サンミュージックの本社もある滋賀県長浜市が舞台の小説が発売されました (*´>ω<`*)v
地元が舞台の小説ともなれば、ついつい嬉しくなってしまいます (v ゝ`ω・)

本作「青春ぱんだバンド」は、約100編の応募作品の中から見事「第3回 きらら文学賞」を受賞した作品です。
いきなり作られたバンドをめぐって、主人公の「僕」やメンバーたちの人間関係・恋愛模様などがユーモアたっぷりに展開し
ていきます。

宣伝チラシに「えっ!「ミスチル」じゃなくて「さだまさし~~」!?」なんて言葉がありましたが、高校生バンドがそうそう選
ばないような楽曲で舞台を目指すことになった5人組の行く末も気になるところ (-`д´- o)ノ

 

青春小説が好きな方はもちろん、滋賀県に住んでいる方やさだまさしが好きな方まで、幅広い世代の方に楽しんで頂ける
ような作品です。

表紙は「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のジャケットなどで知られる中村佑介さんの絵が飾っているので、店頭でも
すぐに見つけられると思います。
鼻の奥がツンとするような本格派青春小説「青春ぱんだバンド」、ぜひぜひお手に取ってみてください。

信念を貫き通す、男が惚れる男“剣心”!「るろうに剣心」好評発売中!


今回の記事でご紹介させていただくのは、週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミック
「るろうに剣心」です (・ω・)ノ


著者:和月伸宏  価格:各410円(税込)  刊行巻数:全28巻

<あらすじ>
幕末の日本に、最強の人斬りとして人々を震撼させた凄腕の剣客がいた。
人呼んで「人斬り抜刀斎」。
彼は、新時代「明治」の幕開けとともに歴史の表舞台から忽然と姿を消し、その名は伝説と化していった。

それから10年。
人を斬ることを自らに堅く禁じた抜刀斎は、その刀を決して人を斬ることのできない「逆刃刀」に持ち変え、流浪人・緋村
剣心
と名乗り、弱い立場の者を救い本当の意味での維新を成し遂げるため、東京の下町に現れる。

 

 

今回、10数年ぶりに「るろ剣」を読み直しました。
内容をほぼ忘れていましたが、いまだに覚えているのは「斉藤 一の牙突」と「志々雄真実」くらい。。。( ;-`д´-)
なんでだ。。(;´゚Д゚)ゞ

読み始めの序盤は、正直つまらない漫画だなと思ってしまいました。
人斬りを禁じ、弱いものを救う、綺麗事を並べた無駄にイケメンな優男の物語だなと。

が、しかし!!

7巻から始まる京都編から「るろ剣」は段違いに面白くなります (o・ω´・o)v
7巻までは京都編のただの前フリに過ぎません。

魅力ある敵キャラや仲間たち、めちゃくちゃ強い師匠の登場に始まり、人斬り時代の罪の意識、頬の傷に隠された過去の
重責など、剣心の心の内面も京都編以降、一気に表現されます。

「不殺(ころさず)」という信念をここまで貫き通す剣心には、さすがに押しに強い私も心を打たれました (´;д;`)
少年漫画でこれほど悲しみと罪を背負い込んだ三十路主人公はいないでしょう。

 

そして言わずもがな、悪役の代名詞「志々雄真実」である。
その見た目と言動は、見る者に強烈な印象を与えます。10数年前から記憶に残り続けるワケですね。

志々雄をとりまく十本刀も各々に信念を持ち、素晴らしい個性があります。

 


残念ながら、今週末の25日に公開される実写映画
は京都編ではないらしいです (≧ヘ≦ )
でも、今回の映画を見て面白いと思ったあなた!
そして、つまらないと思ったあなたも!
ぜひ、コミックス7巻以降を読んでみて下さい。
7巻までは、前フリです (`・д・´)ノ

 

 

 

 

 

完全版&文庫版も好評発売中ですので、ぜひお手に取ってみてください。

完全版(全22巻) 価格:各1,200円(税込) / 文庫版(全14巻) 価格:各720円(税込)

ガリレオシリーズ最新刊が1年ぶりに登場!「虚像の道化師 ガリレオ 7」!!


今週オススメさせて頂くのは、物理学者・湯川学を主人公とした人気シリーズの最新作
「虚像の道化師 ガリレオ 7」です (o・ω・o)ノ


著者:東野 圭吾  価格:1,418円(税込)

人気作家・東野圭吾の代表作のひとつである「ガリレオ」シリーズ。その最新作が、1年ぶりに発売されました (´ゝ∀・`)ノ
「ガリレオ」シリーズとしては4作目の短編集となる「虚像の道化師」には、主人公・湯川の推理が光る4つの短編が収録され
ています。

<収録作品>
■ 幻惑す(まどわす) ・・・・・・・・ ある新興宗教の本部ビル5階から、信者の男性が転落死した。現場を見た者は男が自分
                     で窓から飛び降りたと証言する。しかし教祖である連崎は、自分が強い「念」を送って男を
                     落としてしまったと自首してくる。はたして教祖の「念」は本物なのか?

■ 心聴る(きこえる) ・・・・・・・・ 刑事の草薙は風邪気味のために足を運んだ病院で、突然暴れだした男を取り押さえようと
                     して怪我をする。逮捕された男は、暴れたのは幻聴のせいだという。さらに男が勤める会
                     社では、幻聴に悩む女子社員もいた。幻聴の正体とは・・・。

■ 偽装う(よそおう) ・・・・・・・・ 友人の結婚式のために、山中のホテルにやって来た湯川と草薙。しかし天候が荒れたため
                     に、山と街をつなぐ道が崩れて通れなくなってしまう。さらに、ホテルよりも上にある別荘で
                     夫婦が殺されていると通報が入る。草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、事件のおかし
                     な点に気づく。

■ 演技る(えんじる) ・・・・・・・・ 劇団「青狐」の演出家が、自宅で刺殺されるという事件が起こる。凶器は芝居で使う予定だ
                     ったナイフ。だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。湯川は残された凶器の不可解
                     さに着目し、事件の核心に迫っていく。

 

 

天才物理学者の湯川が、友人の刑事・草薙と共に不可解な事件を解決していく「ガリレオ」シリーズ。
今作でもこれまでのシリーズにあったように、一見すると超常現象にも見える事件を、湯川が科学の力で解決していってくれ
ます (>ω<)ノ

今作は短編集ということで、読者も色々な事件のトリックに挑戦することができます。
もちろん、どの短編も読みごたえはバッチリです (・`ω・)v

面白くてサクサク読めてしまう「虚像の道化師 ガリレオ 7」、気になった方はぜひお手に取ってみてください。