ど派手なペテン、仕掛けてやろうぜ!文学界の若きトップランナーの傑作「カラスの親指」!!


今週オススメさせていただくのは、「このミステリーがすごい!」上位常連の人気作家・道尾秀介の描く傑作
「カラスの親指」です (*>∇<)ノ


著者:道尾秀介  価格:780円(税込)

 

<あらすじ>
「こうしてると、まるで家族みたいですよね」
人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年2人組。
ある日、彼らの生活に1人の少女が舞い込んできたことを切っ掛けに、5人と1匹の同居生活が始まる。

他人同士でありながら奇妙な絆を育んでいく5人だったが、残酷な過去は彼らを離さない。

失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは?

 

 

2004年に「背の眼」第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビューした道尾秀介。
その後も数々の文学賞にノミネートされ、本作「カラスの親指」も第62回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部
門)を受賞
しています。

主人公の詐欺師タケとテツを始めとする魅力的なキャラクターがたくさん登場する「カラスの親指」。
登場人物たちはそれぞれ重い過去を持っており、読み進めていくと少々暗い気持ちにもなりますが、彼らの軽快なやり取
りのおかげもあってすらすらと物語を読むことができます。

また道尾秀介作品といえば、思いもよらない「どんでん返し」!
「向日葵の咲かない夏」や「ラットマン」でもあっと驚く展開が待っていましたが、この「カラスの親指」でもそれは健在です (*>▽<*)ゞ
読者をもペテンにかける壮大な仕掛けが施されているので、ぜひ読んで騙されてみてください (・`ω´・+)ノ

 

さらに今週末の11/23(金)には、「カラスの親指」の実写映画が公開されます。
主人公の詐欺師コンビを阿部寛と村上ショージが、彼らの元に舞い込んできた少女を石原さとみが演じるなど、豪華キャ
ストが出演しています。

ただのミステリーかと思いきや、読み終わった後には知らずと心が暖まっているような作品「カラスの親指」。
映画と合わせて、ぜひお楽しみください。

人生の痛みと喜びを描いた連作長編!「ふがいない僕は空を見た」!


今回ご紹介させていただくのは、、著者・窪美澄のデビュー作であり、様々な賞を受賞した話題作
「ふがいない僕は空を見た」です (○・▽・○)ノ


著者:窪 美澄  価格:546円(税込)

 

<あらすじ>
高校1年の斉藤卓巳は、ある日偶然に知り合った主婦と週に何度か関係を持っていた。
やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが・・・。

姑に不妊治療をせまられる女性。
ぼけた祖母と2人で暮らす高校生。
助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。

斉藤のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げ、やがて彼らの生きかたまでも変えていく。

 

 

妊娠や出産、子育てなど、女性に関するテーマを通して作品を描く窪 美澄のデビュー作「ふがいない僕は空を見た」。
デビュー作であるにも関わらず、「第24回 山本周五郎賞受賞」「第8回 本屋大賞」で第2位を受賞するなど、かなりの
話題をさらった作品です (o`・∀・´)ノ

この作品「ふがいない僕は空を見た」は、「ミクマリ」「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」「2035年のオーガズム」「セイタカアワダチソウ
の空」
「花粉・受粉」の5つの作品からなっており、それぞれの作品で違う視点から物語を楽しむことができます。

例えば「ミクマリ」では“おれ”こと斎藤くんの、次の「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」では彼が関係を持ってしまった主婦・あんずの物
語を読むことができます。

斎藤くんやあんずを始めとする登場人物たちは、それぞれにどうしようもない思いや悩みを抱えており、そんな彼らが懸命
に生きようとする姿が暗い物語の読後感を悪くないものにしてくれます。

ただしこの作品ができるきっかけになった「ミクマリ」はR-18文学賞を受賞しているので、そういった描写が苦手な方は
ご注意を (・ω・)ノ

 

また今週末の17日には、永山絢斗主演の実写映画も公開されます。
監督は「百万円と苦虫女」などで知られるタナダユキが務め、原作の世界観を見事に表現しています。

少しでも本作に興味を持たれた方は、ぜひ映画と合わせてお楽しみください。

人気教師の仮面を被ったモンスター!戦慄の衝撃作「悪の教典」!


今回オススメさせていただくのは、人気作家・貴志祐介が贈るサイコホラー傑作
「悪の教典」です (・Д´・ *)ノ


著者:貴志祐介  価格:各730円(税込)

 

<あらすじ>
東京のとある私立高校につとめる英語教師・蓮実聖司は、持ち前のルックスと巧みな話術で、生徒はもちろん、同僚や
PTAからも高い人気を得ていた。

しかしそんな彼の正体は、他者への共感能力に欠けた生まれついてのサイコパス(反社会性人格障害)であり、自分に
都合の悪い人間を次々と排除していく殺人鬼だった。

しかし些細なミスから、一部の生徒が蓮実を疑い始める。
己の凶行を知られないために蓮実が選んだ手段は、クラスの生徒全員を殺すことだった・・・。

 

 

これまでにも幅広いジャンルの作品を手掛けてきた人気作家・貴志祐介。
彼の作品のひとつで第29回 日本SF大賞を受賞した「新世界より」は、先月10月からアニメ放映も始まって人気を博し
ています。

今回ご紹介させていただく「悪の教典」も、本屋大賞にノミネートされるほどの人気作品です (・∀・)ノ

他人に全く共感を覚えない蓮実が何のためらいもなく淡々と邪魔者を消していく描写は、読んでいるだけでうすら寒くなり
ます (ノω<;)
一見すると人望のある教師が次々と起こす惨劇に、怖さを感じると同時にページをめくる手が止まらなくなります。

先週末に伊藤英明主演の実写映画も公開された「悪の教典」。
今年の夏に読みやすい文庫版となって登場しましたので、興味を持たれた方はぜひお買い求めください。