世界最大SNS誕生の物語★ソーシャル・ネットワーク


話題性の多かった映画「ソーシャル・ネットワーク」。ついにBlu-ray&DVD発売です!
\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/
実在の人物が、しかもこんなに早い段階で映画の題材にされるなんてすごいことですよね!!
本人はこれをどう思っているのでしょう・・・。
σ( ̄◇ ̄;)
映画予告で主人公が相手に対してまくしたてるようにして話すところや、
音楽がなんとなくレトロで暖かみのある音だったのが印象的。
 
私的には・・・面白そうだけど、なんだかいや~な予感・・・がしました。
―( ̄∇ ̄;)→グサッ!!!
これは賛否両論ありそうな、、、
「サクセス・ストーリー」、「アメリカン・ドリーム物語」、「ハッピーエンド」では終わらない、
人として人生をいろいろ考えさせられる映画ですね。
テンポよく場面が切り替わるので、飽きずに最後まで見られるのが良いところでしょうか。
ヽ(  ̄▽ ̄)ノ
これを見たら、あなたも facebook に登録したくなる~~?!
 
世界最大のSNS誕生の物語
5億人の友達を創った男は、何を手に入れ何を失ったのか

【STORY】
2003年の秋の夜、ハーバード大の学生であり、コンピュータ・プログラミングの天才=マーク・ザッカーバーグはPCに向かって座り、ある新しいアイディアに夢中になっていた。大学寮の小さな一室で始めたブログやプログラミングに対する彼の激しい情熱は、すぐに世界的なソーシャル・ネットワーク・サービスへと成長し、コミュニケーションの革命を起こすことになる。
わずか6年で5億人が登録。マーク・ザッカーバーグは歴上もっとも若い億万長者となった。しかしこの成功と同時に、彼には複雑な人間関係と、権利トラブルが待ち受けていた・・・。
「失うものを無くして、5億人の友達は創れない」―。
【STAFF】
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アーロン・ソーキン
音楽:トレント・レズナー
原作:ベン・メズリック著”THE ACCIDENTAL BILLIONAIRES”
(「facebook世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(青志社))
【CAST】
マーク・ザッカーバーグ:ジェシー・アイゼンバーグ(武藤正史)
エドゥアルド・サベリン:アンドリュー・ガーフィールド(小松史法)
ショーン・パーカー:ジャスティン・ティンバーレイク(浪川大輔)
エリカ:ルーニー・マーラ(久嶋志帆)

*2011.5.25 Blu-ray&DVD Release!!*
ソーシャル・ネットワークデラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
[Blu-ray]¥3,990(税込)/[DVD]¥2,980(税込)
《本編》
120分
《音声&映像特典》
[DISC1]
★デヴィッド・フィンチャー(監督)による音声解説
★アーロン・ソーキン(脚本)、キャストによる音声解説
☆BD-LIVE(※BDのみの特典)
[DISC2]
★フェイスブックの映画ができるまで(4種)
★制作の舞台裏(6種)
****************************************************
フェイスブックの裏話本も人気の様子ですね! (ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)
映画を見てから読むのもおススメです。
同じ題材でも、著者が違うと、マーク・ザッカーバーグの人柄がまた違って見えるかもしれません。
 
天才 裏切者 危ない奴 億万長者・・・。(´<_` )
 
あなたなら、彼のことをどう解釈するでしょうか。
 

「フェイスブック 若き天才の野望」(日経BP社)/¥1,890(税込)
ユーザー数が5億人を超え、会社の時価総額が2兆円を超え、グーグルを驚かす存在となった巨人、フェイスブック。同社を率いるマスコミ嫌いのCEO、マーク・ザッカーバーグからの信頼を勝ち得た元フォーチューン誌のベテラン記者が、徹底取材からフェイスブックの真実を初めて明かす。
 

「facebook世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(青志社)/¥1,680(税込)
映画「ソーシャルネットワーク」の原作本。著者はベン・メズリック。
<著者略歴>
ニュージャージー州プリンストン生まれのノンフィクションライター、小説家。ハーヴァード大学出身。前作「21: Bring Down the House」も「MITブラックジャックチーム」という実在の事件を膨らませ、映画『21』になっている。

アメリカが最も恐れた危険なオヤジたち★RED/レッド


etired(引退した)xtremely(超)angerous(危険人物)
タイトルの意味だけでも、この映画の面白さを期待してしまう!

アクションの大ヒットメーカーたちによる、鉄壁のスタッフィング
80年代から90年代にかけてハリウッドの「最先端」を走っていたトップ・アクターたちの、
今なお輝き続けるe32e.gifベテランの魅力
アメリカ大陸を横断するスケールの大きなストーリー
息つく間もないスピーディなアクション迫真のチェイス・・・
・・・と、見どころワンサカ!!
私個人的には、ジョン・マルコヴィッチが出演しているというだけで、興味わきました。
今回の彼の役柄は・・・シリアスなのか?コメディなのか? (◎_◎)
それと、ヘレン・ミレン(「クイーン」でアカデミー賞受賞) が スナイパー?!
・・・素敵でしょ?(何が?) ☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノ
超有名な役者たちの、他の代表作品とのギャップ・・・とか、
身近な謎の人物が、実はこんなだったら・・・とか、
想像したら楽しすぎ・・・。(o ̄ー ̄o)

アメリカが最も恐れた危険なオヤジたち
ブルース・ウィリス&豪華キャスト競演の痛快アクション・エンターテイメント
レッド
“若造は引っ込んでな!”
【STORY】
フランク・モーゼズは、アメリカ政府からの年金で、静かな引退生活を送る50代の独身男性。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラとの電話での会話だった。
ところが、そんなある夜、謎の襲撃を受ける。フランクは、元CIAのトップエージェントで、かつて関わった極秘任務が原因でCIAから抹殺命令が下されたのだった。フランクは身の危険を感じ、自分と繋がりのあるサラを守るため有無を言わせず職場から拉致し、かつての“仲間”たちの下へと向かった。
かつての仲間たちとは、CIAからコードネーム《RED》(引退した超危険人物)と呼ばれる元一流のスパイたち。さらに、元MI6の美人スパイやかつての仇敵旧ソ連のスパイも加わり、恐ろしく、強力なタッグができあがった!現役CIAがハイテク技術を駆使して守ろうとする巨大な陰謀に対抗するREDたちオヤジ集団。知識と経験を武器に真相に近づいていくのだが、事態はとんでもない展開に・・・。果たして彼らは真相をつかむことができるか?
【CAST】
フランク・モーゼズ:ブルース・ウィリス/磯部勉
ジョー・マシスン:モーガン・フリーマン/坂口芳貞
マーヴィン・ボッグス:ジョン・マルコヴィッチ/樋浦勉
ヴィクトリア:ヘレン・ミレン/沢田敏子
ウィリアム・クーパー:カール・アーバン/川島得愛
サラ・ロス:メアリー=ルイーズ・パーカー/山像かおり
イヴァン・シモノフ:ブライアン・コックス/石田太郎
【STAFF】
監督:ロベルト・シュヴェンケ
脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ、マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮:グレゴリー・ノヴェック、ジェイク・マイヤーズ
撮影監督:フロリアン・バルハウス
RED Blu-ray&DVD
RED/レッド *2011/5/18 Release!*
■ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray1枚+DVD1枚]¥3,990(税込)
■ DVD [DVD1枚]¥3,360(税込)
《本編》
約111分
《特典》
☆元CIA工作員ロバート・ベアによる音声解説
★未公開シーン
☆キャストに迫る
★CIA極秘情報
☆トリビア・トラック
(☆・・・BDのみ収録)

ANOTHER GANTZ★5/13 緊急発売!!


2011年1月29日公開、

興収ランキング4週連続1位獲得!
観客動員260万人を突破!!
2011年公開作品ナンバー1!!!
大ヒット映画
『 G A N T Z 』。

ところで、2011年4月にTV放送された「アナザーガンツ」・・・皆さん見ました?
わたし、見てしまいました・・・ ι(´Д`υ)
(見てもいいんですが!)
話題性あるから見ちゃいますわね (∀`*)ゞ

まず、主役の二人が、
二宮和也 (『硫黄島からの手紙』『大奥』) と、
松山ケンイチ (『デスノート』『デトロイト・メタル・シティ』『ノルウェイの森』)。
・・・実力派です!!!( ´_ゝ`)
週刊ヤングジャンプを読んでなくても、何か・・・、こう・・・、面白いだろう、予感がする!

TV放送版は グロい部分をたくさんカットされているということなので、
GANTSファンは DVD で 完全版 を 是非、見てください。

そして、続編映画GANTZ PERFECT ANSWERに繋げるのだ~~!!

“完全なる答え”につながる、
もう一つの真実・・・「アナザーGANTZ」
オンエア版とは異なるDVD用に編集された完全版で登場!!

ANOTHER GANTZ
ディレクターズカット完全版

映画『GANTZ』では描かれなかった真実を描いた番外編。
玄野計と加藤勝の少年時代の謎や、西丈一郎らの隠された真実など、ルポライター・菊池の視点で追い、4月公開の『GANTZ PERFECT ANSWER』に繋がる秘密を描く。

発売日:2011年5月13日(金)
品番:VPBX-13482
価格:¥3,990(税込)



【収録内容】
本編97分+「GANTZ PERFECT ANSWER」劇場用予告編
【仕様】
カラー/ステレオ/ドルビーデジタル/片面一層/16:9/LB ビスタサイズ/MPEG-2
【STORY】
結婚を間近に控えたルポライター菊地(加藤晴彦)が入手した極秘CDR。その中には、地下鉄で轢かれる玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)の姿が映っていた。しかし二人は忽然と姿を消し、遺体は発見されなかった。この不可思議な事件に興味を持った菊地は、同様の遺体消失事件や失踪、破壊活動の調査を進める。その中で浮かび上がってくる「黒い球のある部屋」についての噂。その噂をネット上に流している高校生・西(本郷奏多)を突き止めた菊地は接触を図り、奇妙な黒いスーツをまとった西の信じられない破壊力を目の当たりにする。そして、語られる”ガンツ”という言葉。
後戻り出来なくなった菊地は、岸本(夏菜)、鈴木(田口トモロヲ)の証言を集め、玄野と加藤に近づいていく。そんな菊地に黒服(綾野剛)の影が迫る。さらに、謎の男・重田(山田孝之)も現われ、事態は混迷を極める。様々な思惑が絡み合う中、玄野と加藤、そして菊地の運命は、GANTZの謎は明らかにされるのか・・・。
【CAST】
二宮和也/松山ケンイチ/加藤晴彦/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/田口トモロヲ/山田孝之
【STAFF】
原作:奥浩哉(集英社/週刊ヤングジャンプ連載)
監督:佐藤信介
脚本:渡辺雄介
音楽:川井憲次