怪談の夏、日本の夏


夏といえば、毎晩のように深夜放送される「怖い話」系が、ただひたすらに大好きな私。
30541775_k.jpg
稲川サンの怪談話などは、再放送されまくり、それ見まくりで、おそらくあの独特の稲川節で以って、自分で何話かは語れると思います。
とんだ自家発電です。
近頃の「幽霊」は、あのジャパニーズホラーブームを巻き起こした「貞子」以降、
判を押したかのように 「白い服」「ぼさぼさの長い黒髪」「這い蹲る動き」。
ジャパニーズホラーを見る度に、
「またお前か!!」
と幽霊に対して怒り出したくなることもしばしば。
没個性にもほどがあります。
YOU、もっと自分をさらけ出しちゃいなよ。
ホラー界のカリスマ、ファッションリーダーみたいなものでしょうか、貞子。
安室奈美恵、浜崎あゆみ、そして貞子
51Fq%2BW4IbdL.jpg
そんな怪談の夏日本の夏、そろそろアニメ化してもらいたいのが
中山昌亮のコミックス「不安の種」。
「不安の種」全3巻、「不安の種+」全4巻と、ホラー物としては充実の内容。
ひゃっほうぅ!ありがとう秋田書店!
しっかりとした人間描写を綴った、いい意味で「地味」な作品が得意な中山昌亮ですが、
その持ち味が、ホラーという意外なジャンルで、遺憾なく発揮されています!
「この先どうなるの?!」というところで終わって、どんどん次の話を読ませる「オムニバス形式」は、まさに「不安の種」を植え付けられているような感覚。
「日常」に潜む「異質」。
いつもの変わらない毎日に、突如姿を見せる「異質」なものの形。
その「異質」の造形が、もう素敵に気持ち悪くて堪りません!!
この夏、「幽霊」は貞子を脱ぎ捨てて、一歩踏み出していただきたい!
脱・貞子に向けて踏み出した彼らを、是非コミックスでご覧下さい。
そうですね、アニメ化はやっぱり作画が綺麗だといいですね

RPG


ドラゴンクエスト9が発売されました!
今となってはもう老舗のシリーズですし、
みなさん待望の新作なので寝食を忘れてプレイされているのではないでしょうか?
かくいう私も、欲しい気持ちをグッと堪えてこの文章を書いております。
買うだけ買って、プレイしていないどころか、
箱さえ開けていない、場合によっては袋からも出していない、
さらにいうと自家用車の中に放置なゲームまでもが多すぎて……。
そこで今回はプレイしたくてもできない、このやるせなさを題材に、
ちょっと昔のRPGの話でお茶を濁します。
ドラクエしたいな、コンチクショー。
kaze.jpg
私事で恐縮ですが「風よ。龍に届いているか」をやっと読み終わりました。
この物語が連載されていたのは、今は亡き「ファミコン必勝本」。
もういつの頃やら、記憶も定かではないですが、
タイトルにファミコンという名がつく雑誌に連載されていたからには、遥か昔で間違いないでしょう。
そして著者はベニー松山先生。
知る人ぞ知るゲーム小説の傑作にして、この作品の前作「隣り合わせの灰と青春」の著者でもあります。
で、ですね。
この「風よ。龍に届いているか」なんですが、
もうサイコーにサイコーなんですよ。
あいも変わらず「ゲームというメディアでのみ許される設定を、小説にどう移植するか」という部分に力点が置かれているので、
そういうところが好きな人(私です)にはもうホント、たまらないのです。
まぁいっちゃなんですが、この時代のゲームなんてものはグラフィックなんて今からすればショボショボ。
音楽なんてものもなく、下手をすればビープ音(機械とかエラーの時なんかに鳴る「ピポッ」とか「ピー」とか、なんかそんな感じのやつです)しか音がない!くらいのもんなんですが、
それしか知らない人間にとってはそれでも充分だったわけで……。
この小説の元になったゲーム、いわゆる原作にあたるものは「Wizardry(ウィザードリィ)」という、これまたRPGの古典みたいなやつなんですが、
「レベルがあがった」「しんだ」「Bでぬけます」
本のように、文章で直接キャラクターの心情、外見の描写などがなく、数値と最低限の文章でしか表現されていない。
そんな稚拙ともいえる表現の裏に、当時のプレイヤーは無数の行間を見出し、脳内で補完していたのです。
懐古主義といわれるのはイヤなので、昔が良かったとは口が裂けても言いませんが、
今のゲームとはちょっと違った楽しみ方をしていた、と理解していただければ幸いです。
そしてそんな「おれの脳内ウィザードリィ」を小説化!
「キャラクターの転送ってなに?」
「ドラゴンに踏み潰されたら死ぬんじゃね?」
「なんでプレイヤーの成長に合わせて敵も強くなるの?」
といった、昔のゲームにありがちな不条理と簡略化に、真正面から立ち向かって、作者なりの答えを出してくれています。どういった答えなのかはここで明言しませんが、さすがゲーム小説の名作といわれるだけのものではある、とだけ書かせていただきます。
と、ここまで前振りなんですけども、私がここ5年くらいで一番プレイしたRPGが
「世界樹の迷宮」
sekai.jpg
です。
最近のゲームはストーリーからグラフィックからすべてが贅沢ですけれども「世界樹の迷宮」は、とくにストーリーのあたりがやけにシンプルで、全体的にあっさり風味です。
巷でもウィザードリィの後継などと言われる事が多い作品ですが、そういわれる所以は、全体的なあっさり感であるとともに、パーティ編成の自由度の高さではないでしょうか。
回復能力の使い手:メディック。攻撃特化:ソードマン。防御特化:パラディン。探索のお供:レンジャー……などなど「世界樹の迷宮1」なら9つ、「世界樹の迷宮2」なら、なんと12ものバラエティ豊かな職業から5人を選んで、迷宮に挑む……
しかも好みによっては同じ職業だけで編成(全員メディックで回復に隙がないパーティとか、逆に全員攻撃のみの命知らずパーティとか)したり、たった一人で挑む事も可能!
別にストーリーが大きく分岐したり、キャラクター同士の笑える掛け合いがあったりはしないですが、
自分が編成したパーティで迷宮に挑むのは、まさに「おれの脳内世界樹の迷宮」!
特に「世界樹の迷宮2」は職業ごとの個性が強く、バランスもよいので、オススメです。
ストーリーを楽しむのもいいですが、たまにはまったりとダンジョン探索なんてのもいかがでしょうか?
べ、別にドラクエができないから負け惜しみを言ってるんじゃないんだからねっ。

世界一のアンパンマン


アンパンマンがギネス入りを果たしました。
内容はキャラクターの最も多いアニメシリーズとして認定されました。
その申請キャラクター数は、
なんと1768体Σ(´∀`;)
そんなにいたのか!!
ああ、その昔、バイキンマンのきぐるみを来て暑い中、子ども相手に戯れていた時代もあったなあ。
(ほとんどの子どもが、泣きながらイヤーイヤーこないでといって嫌われていましたが。(TдT))
と思い出にふけりながら本日のアンパンマンのオススメ商品は当然キャラクター図鑑!!
anpann.jpg
(「アンパンマン大図鑑」子どもからなつかしむ大人まで楽しめる逸品です。)
ん・・・この時点で2000 (;゚Д゚)
キズカンカッタ・・・。
申請数超えてる・・・。
なんか、アンパンマンの長い歴史を感じます。
最初の頃の大人向けアンパンマンは、殺人未遂をして監獄に入れられるという話があったそうです。
Σ(゚Д゚;エーッ!
あのアンパンマンがまさか・・・と私はイメージが違うと思ったものです。
昔のヒーロー物は、どこか影をもっていて、それを超えて、みんなに元気を与えてくれるものなんだと
子どもの頃にはわからないのですが、大人になってから理解することでその作品をより深く楽しむことが出来ます。
皆さんもアンパンマンをもう一度見てみると違った視点で見れて楽しめますよ。
これからも子供に夢と希望と勇気を与えてくれるすてきなアンパンマンのご紹介でした。( ´∀`)